第10回 / 一狼が選ぶ2002年ベスト10
…旧シネマじ?

Webコミック > 映画 > 第20回/2002年度ベスト10

<2003年2月6日UP>by 清水一狼

キュダンこ 今回はキュダンこではなくわたくし 一狼本人がお送りいたします。それではいってみましょう。

第1位!「ジェイソンX 。」13金シリーズというよりは、単なるB級SFホラーとして見れば、ただ単純に楽しめます。

第2位!「キプールの記憶 」(DVDタイトルは「キプール」)タイトルすら聞いたことないという人が多いんじゃないかと思いますが名作です。撃ち合いのシーンが全くない(爆撃はある)イスラエルの戦争映画です。まるでサークル活動にでもいくような感覚で戦場にむかう70年代当時のイスラエル人の感覚に衝撃です。

第3位!「鬼が来た! 」中国の映画ですが、日本人俳優ももちろん出演しています。パールハーバー 」などとちがい、リアルな日本人像が見事に描かれています。この物語を歴史の事実ととるか、サヨクのでっちあげととるか、それはあなたしだいです。しかし日本軍の隊長のあの時代にあわない不自然な筋肉はまちがいなくでっちあげです。

第4位!「トンネル 」ベルリンの壁をトンネルを掘って東から西へぬけるというありがちなストーリーですが、脱出ものとしてのツボはおさえてます。アクションはなく地味ですが秀作です。「キプールの記憶 」もそうですが、世界でこれだけ血なまぐさいことが起こっているころ日本は平均的に豊かさを満喫しておりました。やはりマッカーサーもヤスクニに合祀すべきでしょう。

第5位!「ゴスフォードパーク 」かつての名探偵ポワロシリーズ のをほうふつさせる雰囲気は個人的に大好きです。30人近い登場人物をしっかり描きわけミステリーとして完成させる脚本の技術はすばらしいのです。

第6位!「ドラえもん 」いい悪いにかかわらずベスト10には必ずいれます、ドラえもんは!そして今年もやってきましたのです。ドラえもんの季節なのです。

第7位!・・・特になし。第8位特になし。第9位なし第10位なし。・・・というわけで2002年全体的に不作でした。ところで一つ決心したことがあります。それは「スターウォーズ3」は絶対見ない!・・・でも観に行くだろーなだぶん・・・・。以上DVD、ビデオを観る際の参考にしていただけたら(参考になれば)幸いです。それではごきげんよー。 一狼でした。次回のシネマじ?はもちろんドラえもんです。

シネマじ?トップへもどる

ブログパーツ
ブログパーツ