銃弾
…SFミステリーWebネット漫画

Webコミック > 全漫画作品 > 銃弾
銃弾扉絵

「ホッホッホッ・・・・」

自殺か?殺人か?一発の銃弾に秘められた謎とは!?密室で起こる物理学者の死をめぐるSFミステリー漫画!!→今すぐよむ

★呪いの漫画・・・?

私は大学受験の時代々木ゼミナールという予備校に通っていたのですが、当時前田和貞先生という物理の名物講師がいらっしゃって、その先生の授業を受けるようになって以来理論物理学に関心をもつようになりました。大学でも専攻科目(建築)にはほとんど関心がなく、相対性理論や量子力学の本を図書館で読んでいました。チンプンカンプンだけど。チンプンカンプンだけどおもしろいので今でも時々読んでます。超ひも理論とか・・・・・知らないか。で、この「銃弾」と言う作品ですが、1992年の秋頃、学習研究社の月刊コミックニューマンと言う雑誌の編集者から「12ページ空きが出るので描かないか」という話がありました。石ノ森章太郎さんが12ページの連載をやっていたのですが体調を崩されて描けなくなったと言う事だそうで「ただし石ノ森先生が復帰したらナシになるから。原稿料はでるけど」と言う条件でした。そこで僕は何をしたかというと、石ノ森さんの似顔絵を描いて段ボールにはりつけ、それを壁につるしてなんと毎日エアーガンでぶち抜いてました! 精一杯の呪いをBB弾にこめて絵がぐちゃぐちゃになるまで撃ち込んだものです。とにかくタダでもいいから印刷してくれという思いだったからね、あの当時は。印刷されるためなら何だってしますよ! エアーガンもわざわざそのために新しいのを買いにいきましたから。その呪いが通じたかどうかは知りませんが、めでたく印刷され掲載されました。まあまあ評判もよかったらしく続いて「脱獄」も描きましてシリーズ化しようかと言う雰囲気も出てきましたが、その後すぐ雑誌自体が消えてしまいました。天罰でしょうか・・・・・。石ノ森さんはその5年後お亡くなりになりました。天国の石ノ森さん。お許しください。また、本作の雑誌掲載版は編集者の要望で後から2ページ追加して多いんですが、私としてはいらないよけいなコマなので10ページのオリジナルの内容で掲載してます。(2007年2月5日)

  • 1992年作/全11ページ
  • 15モード縦読み縦読み漫画

ENTER

uOp[c